主宰あいさつ

主宰あいさつ

石川雅子ミュージックアカデミーは、開設当初から一貫して「本物の音楽に接すること」を大切にしています。

私は、ウィーンでの8年間の留学を終えて帰国し、音楽教室を始めるにあたって「音楽の都ウイーンの香りあるクラシック音楽」を伝承したいと考えました。

「クラシック音楽を伝承する」とは、名曲を弾けるようにすることでも、レパートリーを増やすことでもありません。
それは、音楽ごころを伝えること。「音」から何かを感じ取ったり、曲を自分の心の歌として演奏できることだと思います。

この目的のために、通常の個人レッスンに加え、「音楽ごころを育む」ためのプログラムを実施しています。

年間を通して企画されるこのプログラムを「音楽体験レッスン」と呼び、良い演奏を聴くことや、アンサンブルを体験するなど、その内容は多彩です。

また、日頃から「本物に触れる」ことを大切にしている教室では、ヨーロッパ製をはじめ世界の銘器ピアノを取り揃えてレッスンに使用しています。

まるで公園に散歩に行くように教室に通って下されば、あなたの求めていらっしゃるクラシック音楽との豊かな生活が始まることと思います。

石川雅子ミュージックアカデミー
主宰 石川雅子

 

※「音楽体験レッスン」の費用は通常のレッスン料に含まれます。ただし、一部有料の「特別音楽体験レッスン」もあります。

開講から現在までの道を辿っていきます。
> 教室の歩み

当教室に設置されている世界の銘器をご紹介します。
> 教室の銘器

当教室までのルートを写真を使ってご案内します。
> アクセス

PAGE TOP