講師紹介

講師紹介

ピアノ科

石川 雅子 -Masako Ishikawa-

1954年、清水市生まれ。幼少期よりピアノを始める。1975年渡欧。8年間ウィーンに留学。ウイーン国立音楽大学(現ウイーン大学)音楽学部ピアノ教育科卒業。オーストリアピアノ教師国家資格を取得。
1984年、石川雅子ミュージックアカデミーを開設。「音楽ごころを育む」をモットーに、幼児から大人まで幅広く教えている。アンティークピアノに関心を持ち、古き銘器ピアノを囲んでの演奏やレクチャーは好評を博している。レコード音楽とオーディオに造詣が深い。オーディオ雑誌に独自の音楽観を執筆。大春オーディオ研究会代表。
詳しくはこちら

野田 尚子  -Naoko Noda-

神奈川県横浜市出身。国立音楽大学音楽学部器楽科ピアノ卒業。
ウイーン国立音楽大学(現ウイーン大学)音楽学部ピアノ教育科卒業。ピアノをワルター・フライッシュマン教授、ソルフェージュおよび作曲をペーター・リヒター氏に師事する。
近年、作曲及び編曲に力を入れており、ピアノ指導の現場では、生徒一人一人の能力に合わせた編曲作品等も取り入れている。
現在、鎌倉雪ノ下教会聖歌隊副指揮者を務める。
詳しくはこちら

原田 玲奈 -Rena Harada-

千葉県出身。 国立音楽大学音楽教育学部音楽教育学科卒業。
第12回東京国際伴奏ピアニストオーディション声楽部門準合格。
オペラ、声楽、器楽、合唱等の伴奏ピアニストとして活躍中。趣味は歌うこと、ストレッチ、旅行。
一言:ピアノの音色、響きを大切に、一人一人の個性に合ったレッスンを心がけたいと思います。
詳しくはこちら

佐藤 悠太 -Yuta Sato-

昭和音楽大学音楽専攻科修了後、2009 年ドイツへ留学。 ハンブルグ音楽院大学院相当課程を経て、国立リューベック音楽大学声楽学科卒業、国立ブレーメン芸術大学大学 院芸術家養成課程声楽専攻修了。ブレーメン芸大では声楽教育法も勉強する。バイロイトリートデュオマスタークラス 修了。2015 年〜2017 年、ドイツ・ニーダーザクセン州立オルデンブルグ歌劇場専属契約。
ドイツ滞在中は、NDR 北ドイツ放送ラジオコンサート、在ハンブルグ日本総領事館主催演奏会など、スイス、イタリアな どでも数多く演奏会に参加する。また多くのドイツ人音楽愛好家や日本人駐在員への音楽指導に携わる。
BDG ドイツ声楽教育連盟、日本演奏連盟、各正会員
詳しくはこちら

ヴァイオリン科

田野口 久世 -Hisayo Tanoguchi-

平成元年、愛知県名古屋市菊里高等学校卒業。
平成5年、武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン専攻卒業。 平成5年より当教室講師となる。昼の生徒を中心に指導に当たっている。これまでに多くのレッスンを手掛ける中で、的確な基本指導に重点を置いた姿勢は高く評価されている。また、ミニコンサートにも積極的に出演。
詳しくはこちら

坊野 称央己 -Naoki Bouno-

上野学園大学音楽学部卒業。千葉県柏市在住。
13歳からバイオリンをはじめ、ムジカサンタンジェロ新人オーディション優秀新人賞を受賞、第17回万里の長城杯国際音楽コンクール弦楽器の部第3位に入賞。
2013年千葉ロッテマリーンズ出陣式にて演奏、LE VELVETSやCLIF EDGEといったメジャーアーティストのレコーディングに参加、加藤和樹の11thシングルSnowdropのPVに出演。ほかミュージックステーションなどの音楽番組やライブでのサポート等、ジャンルの垣根を越え幅広く演奏活動をおこなう。
詳しくはこちら

ヴィオラ科

田野口 久世 -Hisayo Tanoguchi-

平成元年、愛知県名古屋市菊里高等学校卒業。
平成5年、武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン専攻卒業。 平成5年より当教室講師となる。昼の生徒を中心に指導に当たっている。これまでに多くのレッスンを手掛ける中で、的確な基本指導に重点を置いた姿勢は高く評価されている。また、ミニコンサートにも積極的に出演。
詳しくはこちら

チェロ科

朴 純香 -Paku Snyan-

東京音楽大学卒業。同大学大学院科目履修科修了。
2006年、イタリアで行われたSchlern Music Festivalに参加。イタリア各地で行われた室内楽、ソロ演奏でコンサートに出演。日本、福岡で行われたWispelweyのマスタークラスを受講。2009年、福井県音楽コンクールにて福井県知事賞を受賞。現在、フリー奏者として活動中.
詳しくはこちら

小林 奏太 -Sota Kobayashi-

三重県出身。愛知県立芸術大学卒業, 東京藝術大学別科及び大学院修士課程古楽専攻修了。チェロを吉田顕, 林良一, 安藤信行, 新井康之, 鈴木秀美, 松波恵子の各氏、ヴィオラ・ ダ・ガンバを福澤宏氏、室内楽を百武由紀, 市坪俊彦, 河野文昭の各氏に師事。バロック音楽研究会にて桐山建志, 花崎薫の両氏のもと学ぶ。ミラノスカラ座弦楽クリニックキャンプ にてMassimo Polidori氏に、The St. Olav Festival 2017 Ringve International Summer CourseにてKristin von der Goltz氏に指導を受けdiplom取得。
在学中より古楽から現代曲に至るオールジャンルで活動をはじめ、藝大学内プロジェクトにて藤原道山氏(尺八)と新曲duoで共演他、卒業演奏会(県芸), 第84回読売新人演奏会, ヴィオラスペース 2013(Hindemith : Octet), などに出演。
岡田文化財団賞, 第26回新進音楽家奨励賞, ザルツブルグ=モーツァルト国際室内楽コンクール特別賞受賞。
現在 Sax. 石川貴憲氏, Pf. 丸尾祐嗣氏と共に立ち上げた次世代型ピアノトリオ「ともしび」のメンバーとして、21st Century Orchestra Tokyo客演首席として、各地アンサンブルの通奏低音奏者として活動中。
詳しくはこちら

リコーダー科

田村 彰利 -Akitoshi Tamura-

長野県出身。高校時代は吹奏楽部に所属。昭和54年、武蔵野音楽大学大学院音楽教育専攻修了。在学中にリコーダーも修学。卒業後、演奏活動やリコーダー指導や、リコーダー用の教材の製作・編纂に力を注いでいる。
教室開講当初からのベテラン先生であり、教室の歩みを常に見守り支え続けてきた講師の1人である。広い見識と体験を基に繰り広げられるレッスンは、生徒さんから好評を得ている。実践面では、若い講師の良きアドバイザーとして、頼りにされている。
趣味は、自然散策など。
詳しくはこちら

フルート科

遠山 美緒 -Mio Tohyama-

武蔵野音楽大学卒業。在学中、同大学管弦楽団員としてドイツ演奏旅行に参加。日本フルートコンベンションコンクールアンサンブル部門音楽高校の部で金賞受賞。NHKFM洋楽オーディション合格後、土曜コンサート出演。
卒業後、プラザ音楽院にてフルート講師を歴任。フルートを青木明、高久進の両氏に師事。アラン・マリオン・マスタークラス受講。
イヴェント・セレモニーなどでの演奏の他、年に数回ソロ、またはアンサンブルでの演奏会に出演する傍ら、自宅にて後進の指導に当たる。
詳しくはこちら

声楽科

佐藤 悠太 -Yuta Sato-

昭和音楽大学音楽専攻科修了後、2009 年ドイツへ留学。 ハンブルグ音楽院大学院相当課程を経て、国立リューベック音楽大学声楽学科卒業、国立ブレーメン芸術大学大学 院芸術家養成課程声楽専攻修了。ブレーメン芸大では声楽教育法も勉強する。バイロイトリートデュオマスタークラス 修了。2015 年〜2017 年、ドイツ・ニーダーザクセン州立オルデンブルグ歌劇場専属契約。
ドイツ滞在中は、NDR 北ドイツ放送ラジオコンサート、在ハンブルグ日本総領事館主催演奏会など、スイス、イタリアな どでも数多く演奏会に参加する。また多くのドイツ人音楽愛好家や日本人駐在員への音楽指導に携わる。
BDG ドイツ声楽教育連盟、日本演奏連盟、各正会員
詳しくはこちら

工藤 智巳 -Tomomi Kudo-

武蔵野音楽大学声楽科卒業、同大学大学院修了。
2000年〜2006年までイタリアへ留学。留学中ザルツブルグ新祝祭劇場をはじめ、ドイツ、フランス、スイス各地の劇場に出演する。
帰国後は都内や神奈川での演奏活動のほか、ラジオCMのナレーションも務める。
詳しくはこちら

PAGE TOP