発表会・2015年の感想を見てみると・・・

今回は2015年・石川雅子ミュージックアカデミー発表会を終えて一息つかれた、出演された生徒さんや保護者様から、多くの感想コメントが寄せられましたので、一部ご紹介していきたいと思います。

では、早速見ていきましょう!

発表会2015年の感想レビュー

日頃、季節を問わず、定期的に自分の演奏する機会をいただけて充実感を得ることができて、いつも有難い限りですが、毎回の発表会では弦科の皆さんとの再会と合奏が楽しいです。
そして今年は「みんなで歌いましょう」というコーナーがあり、客席の方が参加できたことで、聴きに来てくれたいとこ(年中)も退屈せず良かったです。
N.Sさん

第31回発表会お疲れさまでした。
ありがとうございました。
7歳の娘が参加させていただきまして、親の私のほうが緊張していたような気がします。
開会の辞で石川雅子先生のお言葉に、3歳の子供だった生徒さんが3歳の子供と共に発表会に参加されているとのお話をいただき、娘(息子も)たちが大きくなったとき、子供たちと共に、心を伝えられる演奏者として参加してくれていたらと、願うものです。
江崎玲奈さんの保護者様

親から子へ、そしてまたその子へ。
音楽を愛する心がずっと受け継がれていったら、ほんとうにすてきなことですね。
温かい感想をどうもありがとうございました!


自分の曲を完璧に弾けました。
全員合奏でシンコペイテッドクロックでややこしいところをうまくひけてうれしかったです。
I.Sさん

I君とお母様はよくボランティアコンサートにも出演してくださいます。
観客と一緒に楽しむ姿勢が自然に身についていらっしゃるのですね。
そして、“完璧に弾けた”I君、やったね!!
かっこいいです!


発表会では、娘のバイオリンと私のピアノ伴奏をさせていただきました。

娘と、「発表会は何の曲を演奏しようか?」という相談から始まって、楽譜選び、一人での練習を経て、先生のアドバイスを受けながら、より美しく奏でることを意識して練習してきました。

先生に、バイオリンの譜面を少しアレンジしていただいて、部分的に1オクターブ上げましたので、オリジナルの譜面で演奏するよりもメリハリのある演奏になり、とても嬉しく思っています。ありがとうございました。

また、弦楽合奏では、バイオリンの他のパートやビオラ、チェロとのアンサンブルを聴くことが出来てとても楽しかったです。

来年の発表会も、今から楽しみにしております。
A.Iさん

パパと娘が顔を寄せ合ってあれこれ選曲をしている様子…
ほっこりしますね。*^^*


今年は3回目の参加となりました!3月の発表会は毎年独特の緊張感がありますが、前日に松涛サロンで本番ピアノに触らせていただけたので、親子でわりあい落ち着いて弾くことができました!

ただ、子供たちは、早い時点でだいぶ形になっていたため3月には練習に飽きてしまい、本番に向けて気持ちを上げていくのに苦労しました(^^;まぁ、ギリギリまで仕上がらないのも厳しいものがありますが・・・。

一方、私はと言うと、子供の頃にメロディーを聞いて1回でハマってしまった『革命』を弾くことにしたため、かなり必死でした!

昨年の発表会が終わる前くらいから練習を開始しました。私の技術や練習時間では、ある程度の形にするのに1年間はかかるだろうと分かっていたので(*_*)

だいたいは弾けたものの、やはり『なんとなく感』が抜けなかった状態を、秋からご指導いただいた野田先生に一から立て直していただきました!

子供の頃大嫌いだった指練習も、その必要性が分かる今はなんとか頑張れました(^.^)実家の母親も、嫌がる私にピアノを習わせるのは大変苦労したようですが、今ではよかったよかったといつも応援してくれます!

左足の不調もあり、ハードな締めくくりになりましたが、今年の発表会は達成感がひとしおでした!弾きこなせたとは思いませんし、これからも練習しようと思いますが、憧れに一歩近づけた満足感でいっぱいの3月となりました☆ありがとうございました!

谷田慶子さん


2ヶ月ほど前から5歳の息子がピアノでお世話になっております。
3月22日の発表会を親子で拝見させて頂きました。
他の生徒さん方の演奏を楽しみにしており、楽しく聴かせて頂きましたが、石川先生の演奏を聴いている間はなんだか胸がドキドキしてしまいました。
先生なのだからもちろん弾けるのだろうとは思ってはいましたが、ピアノ演奏を聴く、観る事がこんなに心に響くとは!
本当に感激しました。

ちなみに一緒に聴いていた息子は口をあけてボーゼンとしていました。
あまりの迫力にビックリしたのでしょうね。

彼は今ピアノが楽しいようで、毎日一生懸命練習しています。
いつか人前で弾けるようになってくれたら嬉しいな。
N.Cさん

本物に触れるって大切なことですね。
きっと雅子先生の演奏は心に深く刻まれたことでしょう。
そしてピアノが楽しくて毎日一生懸命練習!なんてすてき。^^
ますます音楽が好きになって来年の発表会の舞台を迎えてくださいね。


ブログではご紹介しきれないほど、まだまだたくさんの声をいただいています!
みなさま、納得のいく奏法や練習の成果が発揮できた。

また、見守る保護者様にとっては、晴れの舞台出演でお子様や身内の方がスポットを浴びる姿に、心動かされることかと伺えます。

当教室の年度区切りでもある発表会。

来年・再来年にはまた、成長した姿で舞台に上がられることを考えると、今から楽しみですね~^^

関連記事

  1. 【2016年度発表会】第1部|開演前〜弦合奏
  2. 【インタビュー】光風星さんが7年表彰を前に伝えたいこととは?
  3. スチューデントコンサートPart2 ♪ 4時からコンサート
  4. ハッピーバースデー『さな&カモール』をみんなで合唱!
  5. 【初秋の夕べの音楽会】ヴァイオリンとピアノのミニコンサート
  6. 【インタビュー】声楽科・林さんがレッスンで得た発声の心得とは?
  7. 【イルボウステージ2017】生徒さんと講師の初野外ステージ!
  8. ヴァイオリン科生徒・岡本さんの主催コンサートが大好評に!そして伝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP