スチューデントコンサートPart2 ♪ 4時からコンサート

 

石川雅子先生がスチューデントコンサートにかける思い

かねてから私の願いだった、生徒が教室で自主コンサートを開くことを、内弟子のTMさんが、実現してくれました。

彼女は学生時代に多くの練習曲を弾き、ピアノを弾き慣れていました。子育てや仕事に追われて、長い間ピアノから離れていました。それが、ご縁があって、8年前から私のもとで、再びピアノに向かわれるようになりました。

今回のミニリサイタルでは、連弾1曲、ソロ2曲と歌の伴奏1曲を演奏されました。

この度の冒険的な試みを、よく踏んばって、やりきられました。それによって、「音楽で対話する」ことを会得されました。

“対話する”は“コミュニケーションする”と重なる面も多いですが、真剣に向き合うという意味合いが強いです。

今回の会では、聴き手が弾き手と対話したばかりでなく、「自己対話」する時間を持たれたようでした。

選曲や、プログラミングも幸いしました。しかし、その域に達したのは、TMさんが音楽に対して真摯な姿勢を面向かれているからです。

おめでとうございます!

ピアノ教師の冥利に尽きた日をいただき、お礼申し上げます。(記:石川雅子)

2017年11月23日 スチューデントコンサート♪4時からコンサート♪へようこそ

雅子先生との連弾『美しき青きドナウ(ヨハン・シュトラウス)そして、ソロで『ピアノソナタ「告別」第1楽章(ベートーベン)』『ワルツ遺作 e-moll(ショパン)』を演奏しました。

ヴァイオリン科OHさんが応援演奏『タイスの瞑想曲(マスネ)』伴奏は雅子先生です。

歌で応援演奏はピアノ科のYSさん。TMさんが伴奏。曲目は『見上げてごらん夜の星を(永六輔/いずみたく)です。

石川雅子先生演奏『エチュードOp.25‐12(ショパン)』『トロイメライ(シューマン)』『「クライスレリアーナ 第1番」(シューマン)』

教室いっぱいのお客さまからの、盛大な拍手で、いったんコンサートは閉じましたが・・・・

まだまだ、

弾き足りない様子を察した雅子先生からの提案は・・・

ベーゼンドルファーで演奏しましょう。そしてみんなで教室1号室へ・・・・

素敵な時間をありがとうございます!!

石川雅子ミュージックアカデミーのこれからのイヴェント

☆1月28日(日)10時~、11時~ ピアノ科「弾き初め会」*年間計画表にはありませんが実施することになりました(^^♪)

☆2月18日(日)10時~、15時~ 「第15回 銘器ピアノを弾く&聴く会」 於;タカギクラヴィア 松濤サロン

☆2月~月曜日 リコーダー科 リコーダーアンサンブル 練習会 於;教室

⁂リコーダー アンサンブルメンバー 大・大・大募集中 どなたでも参加できます!!!

問合せ先☞080-6580-1040(事務:日吉)

関連記事

  1. 【2016年度発表会】第1部|ピアノ科演奏
  2. 【タカギクラヴィア2015】銘器ピアノに敷く効果抜群の「アローマ…
  3. 【インタビュー】ピアノ科・谷田さんが親子レッスンを通して得たもの…
  4. 【初ライブ】講師・坊野弥央己のヴァイオリンに救われた人の話
  5. 【シューマンを弾く会】教室がシューマンカラーになった日…
  6. 【第87回音楽のひろば】ウィーンへ旅立つあの方へ餞を…
  7. 発表会・2015年の感想を見てみると・・・
  8. クララ・シューマンが愛したグロトリアンとベヒシュタインを弾く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP