チェロとピアノのコンサートを終えて ミュージックアカデミー主宰 石川雅子より

2018年新緑の5月、ゴールデンウィーク最後の日に、新任講師の小林奏太先生を迎えて、コンサートを開きました。

 

お客様は、小林先生の優しいチェロの音色に癒された感じでした。

私も初合わせで、少し緊張しましたが、チェロの自然な『うたい口』に、のらせてもらいました。

ピアノ科生徒のマヴロノヴ健太君は、今月から、小林先生にチェロを習い始めました。健太君の音楽性をわかってもらうのに、一緒にこのコンサートで弾いてもらって、聴いてもらう方がいいと思い、健太&小林先生による『チェロとピアノのコンサート』としました。

健太君は、3月の発表会で弾いた、モーツァルト作品「ロンド」を想い出して、短期間にブラッシュアップしました。

「さとうきび畑」「君をのせて(天空の城 ラピュタより)」をチェロ演奏。この曲は、皆さんにもなじみの曲で、チェロの音色がしみてきました。健太君もお気に入りの曲でしたね。プログラムに入れられてよかったです。

というのも、小林先生は、レパートリーをたくさん持っているようなので、これからも、パッションのある曲を、皆さんに、聴いてもらいたいと思います。私も練習して、、、。

急なお誘いにもかかわらず、お越し頂いた皆さまに、感謝いたします。

石川雅子ミュージックアカデミー 主宰 石川雅子

***次回の小林先生のチェロコンサートは6月17日(日)10時から、教室にて。

この日はそのあと、11時から、ピアノ科講師によるコンサートも開催します。

関連記事

  1. 【NAOKI Acoustic Live】坊野先生のライブに行っ…
  2. 【初ライブ】講師・坊野弥央己のヴァイオリンに救われた人の話
  3. 第89回音楽のひろば|西葛西の一角で秋の始まりを告げられて
  4. 【初秋の夕べの音楽会】ヴァイオリンとピアノのミニコンサート
  5. 【タカギクラヴィア2015】銘器ピアノに敷く効果抜群の「アローマ…
  6. 銘器ピアノを弾く&聴く会|アンティークピアノの息吹に触れて
  7. 【インタビュー】雅子先生に第33回発表会に寄せてマイクを向けた結…
  8. 江戸川区 新進音楽家コンクールに挑戦!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP