シューベルト 解説付きミニコンサート(5月26日)”菩提樹”解説と演奏

皆さん、菩提樹をご存知でしょうか?  
菩提樹の花言葉は、夫婦愛や結婚。ヨーロッパでは愛の象徴の木と言われるそうです。   「さわやかな菩提樹の下で、僕は何度も、彼女と愛し合う夢を見た。」   菩提樹に<ここには安息があるよ。>と囁かれながらも、失恋の痛手の中、青年は街を去って行く。
絶望し死へと向かう青年の諦めの心を、石川雅子ミュージックアカデミー 主宰 石川雅子がピアノ伴奏で見事に表現し、 佐藤講師は力強く、深い嘆きを込めて熱唱。

佐藤悠太先生の”菩提樹”の解説と演奏をお聴きください。伴奏は石川雅子先生です。

関連記事

  1. 第89回音楽のひろば|西葛西の一角で秋の始まりを告げられて
  2. クララ・シューマンが愛したグロトリアンとベヒシュタインを弾く
  3. チェロとピアノのコンサートを終えて ミュージックアカデミー主宰 …
  4. ブルグミュラー&シューベルトを弾く 6月17日ピアノ科ミニコンサ…
  5. 【インタビュー】野田先生作曲『碧のレクイエム』に秘められた想いと…
  6. 【シューマンを弾く会】教室がシューマンカラーになった日…
  7. 【第13回銘器を弾く&聴く会】スタインウェイの光沢に魅せられて
  8. 【イルボウステージ2017】生徒さんと講師の初野外ステージ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP