6月の朝のひととき、柔らかく温かいチェロの音色につつまれて

チェリスト小林奏太先生と石川雅子先生による、アンサンブルコンサートが行われました。  薄曇りの肌寒い朝ではありましたが、教室2号室が満席になるほどのお客様にお越し頂き、柔らかな温かさが教室を包みました。  雅子先生は小林先生の演奏に ぴったりと寄り添い、彼を温かく包み込むように伴奏されました。  小林先生の優しさが現れるような、柔らかく温かいチェロの音色にほっとして、また眠たくなるような、リラックスした朝のひとときでした。

チェロコンサートに続いて、、、『ピアノ科ミニコンサート』と、6月17日は、充実したイヴェンDayとなりました!!

次回blogは『ピアノ科ミニコンサート』の様子をお届けします(^^♪

関連記事

  1. 【インタビュー】福留さんが例のピアノに魅せられた理由とは?
  2. 【インタビュー】野田先生作曲『碧のレクイエム』に秘められた想いと…
  3. 【開講35周年記念発表会】新たな音楽性が芽吹く多様性に溢れた共演…
  4. アカデミースペシャル🎶アフタヌーンコンサート
  5. 【インタビュー】ピアノ科・種岡さんから見た音楽体験レッスンの実態…
  6. 【第87回音楽のひろば】6月6日の弦と盤の遊び心に惹かれて・・・…
  7. タカギクラヴィア 松濤サロンにて♬第15回銘器ピアノを弾く&聴く…
  8. 出演!イルボウステージ2018 ~西葛西 小島町二丁目団地商店会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP