6月の朝のひととき、柔らかく温かいチェロの音色につつまれて

チェリスト小林奏太先生と石川雅子先生による、アンサンブルコンサートが行われました。  薄曇りの肌寒い朝ではありましたが、教室2号室が満席になるほどのお客様にお越し頂き、柔らかな温かさが教室を包みました。  雅子先生は小林先生の演奏に ぴったりと寄り添い、彼を温かく包み込むように伴奏されました。  小林先生の優しさが現れるような、柔らかく温かいチェロの音色にほっとして、また眠たくなるような、リラックスした朝のひとときでした。

チェロコンサートに続いて、、、『ピアノ科ミニコンサート』と、6月17日は、充実したイヴェンDayとなりました!!

次回blogは『ピアノ科ミニコンサート』の様子をお届けします(^^♪

関連記事

  1. レコード鑑賞会~バロック音楽の魅力~
  2. 【シューマンを弾く会】教室がシューマンカラーになった日…
  3. クララ・シューマンが愛したグロトリアンとベヒシュタインを弾く
  4. 【弦科合奏練習会】初合わせで発覚したこととは・・・!?(2月26…
  5. 冬のコンサート~ピアノ・チェロ・ヴァイオリン~
  6. 【第87回音楽のひろば】ウィーンへ旅立つあの方へ餞を…
  7. ピアノ科ミニコンサート<第1部>~ブルグミュラー&シューベルト作…
  8. 【インタビュー】ピアノ科・種岡さんから見た音楽体験レッスンの実態…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP