石川雅子が感じた「西田ミヨ子のミュージックワールド」

第98回音楽のひろば~西田ミヨ子のミュージックワールド~で感じたことを、石川雅子(石川雅子ミュージックアカデミー 主宰)に、存分に、語っていただきました!!

2018年度の「音楽のひろば」に最多出演を誇る、西田ミヨ子さんのオンステージ!2019年1月31日 なぎさ和楽苑にて。

新春の候、最初に歌われたのは

「どこかで春が」

まだ、芽が吹かなくても、春は近づいてきていると感じさせてくれる曲で、思わず一緒に口ずさんでしまいます。

続いて「歌の翼に」

西田さんは、約一年前から始められたピアノのレッスンで、この曲のメロディーを右手で弾いて、私が伴奏部分を弾いて、二人で連弾演奏を楽しみました。「歌の翼に」はロマン派を代表するメンデルスゾーンの曲で、音楽の世界に自然に誘ってくれる調べです。

目がご不自由な西田さん

喜寿(77歳)になられたことを記念に、念願だったピアノを、私のもとで始められてから1年弱。見事にピアノを弾く“コツ”をつかまれました。極度に視力が落ちて、楽譜を見ることができません。もちろん、鍵盤も。ですから、黒い鍵盤に触って、手の位置を確認する箇所が随所にあるので、確認しながら演奏していきます。

「ア ラ トゥルカ=トルコ行進曲」をピアノで演奏

西田さんは、左手でアプローチし、私と二人で連弾しました。モーツァルト作曲のこの曲は、メロディーや流れを知っている曲は、弾けるようになる可能性が高いです。

実は、開演前のリハーサルで、この曲を弾いていると、西田さんのコーラス仲間の皆さんが、「素晴らしい」と、驚いた顔をされたので、私は、力(パワー)をもらいました。嬉しかったです。なぜかというと、、、まだ演奏が安定していない曲を連弾するのは、セカンド(下のパートを弾く奏者)にとっては、冒険です。しかし、そんな心配をよそに、西田さんは、わき目もふらずに、押し進んでいかれます。その姿は、まるで、子どもが野を駆け抜けているようで、爽快。こちらまでウキウキします。

最後は、歌で「慕情/フェイン作曲」

 

視覚障がい者の方のピアノレッスン♬

西田さんは議員を退職後、64歳の時に、宝塚歌劇団出身の森下先生に、歌を習い始めました。ピアノも同時に、試みましたが、弱視のため、鍵盤の白黒がチカチカして、視覚的に苦しかったそうです。それから10年以上が経って、視力低下がありましたが、かえってチカチカすることが無くなって、念願のピアノに再度、挑戦することにしました。

喜寿を迎えてからの挑戦!!

月二回のレッスンでは、レッスン時の音を録音され、その音を頼りに、自宅練習を積み重ねてきました。持ち前の“ミヨ子トーン(音)”を活かして、これからも、お好きな曲を弾いていかれることを願っています。

*石川雅子ミュージックアカデミーでは、障がいをお持ちであっても、音楽の魅力に触れて頂きたいと考えています。障がい者割引を設けています。ご相談ください。

関連記事

  1. 【第88回音楽のひろば】人工的修羅場を乗り越えた瞬間、見えた景色…
  2. 発表会・2015年の感想を見てみると・・・
  3. 2016年度発表会のプログラム紹介!
  4. 【第87回音楽のひろば】ウィーンへ旅立つあの方へ餞を…
  5. 【インタビュー】雅子先生に第33回発表会に寄せてマイクを向けた結…
  6. 開講35周年コンサートを終えて…【代官山ヒルサイドテラス】
  7. 2018年度 最初のコンサート ~チェロとピアノのミニコンサート…
  8. 【Summer Concert】坊野先生のヴァイオリン流儀が光る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP