【開講35周年記念発表会】新たな音楽性が芽吹く多様性に溢れた共演

このたび、石川雅子ミュージックアカデミーおかげさまで開講35周年という節目を迎えることができ、その記念すべき第35回発表会が開催

今回の発表会は一味違い、生徒のソロ演奏はもちろん、さらに新たな音楽性を開花させるような多様なアンサンブルに挑みました。それが…

  1. 生徒と講師のアンサンブルの多様化(ピアノ・弦・管・声楽)
  2. 充実性に富んだ講師演奏
  3. ドビュッシー没100周年に寄せた演奏枠

聴いてくださった方の琴線に響く、そして「音楽ごころを育てる」「共に学ぶ」という教室のモットーを体現させたような、生徒と講師の距離を超越した演奏

長い年月を経て、様々な変化を遂げてきた教室が表した“新たな色”を感じ取れた気がしました。

それでは、主宰あいさつのあとに、発表会に出演された生徒・講師のみなさんの写真とプログラムを紹介していきます。

主宰あいさつ

以下、主宰の石川雅子先生からの挨拶を紹介します。


入学シーズンに、35回目の節目の発表会を開催できることを嬉しく思います。これも皆様の理解の賜と、深く感謝いたします。

今回は、見て、聴いて、楽しんで頂ける会となるようにプログラミングいたしました。その試みは、従来の生徒発表と講師演奏を分けたスタイルから、講師が生徒発表の中に混じって演奏するというニュースタイルを生み出しました。

もう1つの特色として、各種アンサンブルを散りばめました。幼児と小学生によるピアノ連弾、小学生のピアノ生徒によるトリオは、ヴァイオリン&チェロ講師との共演です。

リコーダーアンサンブルでは、各種リコーダーが一緒になって素敵なハーモニーを奏でてくれるでしょう。アンサンブルの多様性を味わって頂ければ幸いです。

第2部では、喜寿でピアノレッスンを始められた、西田ミヨ子さんを紹介するコーナーを設けました。西田さんは、長年続けてきたボランティア事業「音楽ひろば」に、声楽家として多数回ボランティア出演をしてくださいました。その「音楽のひろば」も2019年3月21日で、100回目の開催を達成することができました。

ご協力いただいた皆様に、この場を借りて、心より御礼申し上げます。生徒と共になって、講師一同、心を込めて演奏いたします。暖かい拍手を、お願い申し上げます。

主宰 石川雅子

ピアノ(第1部)

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ピアノ(第1部)曲目

  • 3匹のねずみ/おつかいありさん/となりのトトロ
  • 人形の夢と目覚め
  • タランテラ/エリーゼのために
  • ギャロップ/ポロネーズ/渚のアデリーヌ
  • Summer

アンサンブル第1部

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

アンサンブル 曲目

  • にんじん トマト(ピアノ連弾)
  • メヌエット(ピアノ・ヴァイオリン)
  • メヌエット ト短調(ピアノ・ヴァイオリン・チェロ)
  • 講師演奏(リベルタンゴ)

ヴァイオリン/チェロ

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ヴァイオリン&チェロ 曲目

  • 二人の擲弾兵/夢をかなえてドラえもん
  • レミゼラブルより「夢やぶれて」
  • ヴァイオリン協奏曲 ホ短調より第1楽章
  • 美しきロスマリン
  • 大河ドラマ「真田丸」メインテーマ
  • チャルダッシュ

ドビュッシー・コーナー

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ドビュッシー 曲目

  • アラベスク 第1番
  • 小舟にて/夢
  • 月の光

以下、ドビュッシーとフルート音楽について、遠山先生からコメントをいただきました。

2018年はドビュッシーの没後100周年ということで、様々な演奏会で彼の曲が取り上げられています。ドビュッシーの曲はどれも空中を漂うような、ベールの向こうの映像を見ているような、独特の響きと世界観を持っています。聞いている分にはとても綺麗なのですが、息を使う楽器にとってはフレーズが非常に長く、またpiano(弱い音)で安定した演奏をするのにとても苦労し、吹きにくいのが正直なところです。

私が初めてフルートで演奏したドビュッシーの曲は「シリンクス」という無伴奏の曲でしが。シリンクス(パンの笛)は、ギリシャ神話を題材にした舞台劇の劇中に使われた曲です。牧神パンが恋した妖精シリンクスを追い詰めると、シリンクスは葦に姿を変えてしまいました。悲しんだパンが、その葦で笛を作り吹いた曲がシリンクスです。半音階を多用し、まさに多くの方が持っているフルートの印象そのもののような曲です。オリジナル曲はシリンクス1曲だけですが、彼の作品の重要な場面には、たびたびフルートがソロ楽器として使われています。「牧神の午後への休日」「小さい羊飼い」「小舟にて」など、のびのびとした美しいメロディーのものばかりです。

自然の中の音を聴き取り、作曲していたドビュッシーにとって、自然界と人を繋ぐ楽器といわれるフルートは、まさにうってつけの楽器だったかもしれません。

フルート科講師 遠山美緒

リコーダー/声楽/アンサンブル

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

声楽 曲目

  • 永遠の愛について/オペラ“ドン・パスクアーレ”より「天使のように美しく」
  • オペラ“ドン・カルロ”より「私の最後の日だ」
  • アヴェ・マリア/ユーレイズミーアップ

リコーダー・アンサンブル

  • 竹田の子守唄/ロンドンデリーの歌/主よ、人の望みの喜びよ

声楽アンサンブル 曲目

  • 映画「ニュー・シネマ・パラダイス」より愛のテーマ
  • 組曲「惑星」より木星

西田ミヨ子さんと石川雅子

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

西田ミヨ子さん 曲目

  • モーツァルト「トルコ行進曲」(ピアノ)
  • とべ、うちゅうせん(連弾)
  • ウィーン、わが夢のまち(歌)

喜寿でピアノレッスンを始められた、西田ミヨ子さんを紹介するコーナーを設けました。西田さんは、長年続けてきたボランティア事業「音楽ひろば」に、声楽家として多数回ボランティア出演をしてくださいました。

ピアノ(第2部)

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ピアノ(第2部)曲目

  • サラバンド
  • 乙女の祈り
  • ピアノソナタ「悲愴」より第1楽章
  • ピアノソナタ「悲愴」より第2楽章
  • ピアノソナタ「悲愴」より第3楽章
  • ピアノソナタ「月光」より第1楽章・第3楽章
  • ピアノソナタ「ワルトシュタイン」より第2楽章

アンサンブル&講師演奏

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

アンサンブル&講師演奏 曲目

  • 愛の挨拶/白鳥
  • 弦楽四重奏曲第「皇帝」より第2楽章
  • ピアノソナタ「ワルトシュタイン」より第1楽章
  • ハンガリー狂詩曲/夜曲
  • バレエ組曲「くるみ割り人形」より 花のワルツ

まとめ

以上、石川雅子ミュージックアカデミー第35回発表会の紹介でした。

ちなみに、来月6月9日には、代官山にて開講35周年記念コンサートが予定されています。

※代官山ヒルサイドテラス(ヒルサイドバンケット)にて

関連記事

  1. 【インタビュー】光風星さんが7年表彰を前に伝えたいこととは?
  2. 【2016年度発表会】第1部|開演前〜弦合奏
  3. 【NAOKI’s Concert】坊野先生の初主催イ…
  4. 【インタビュー】ピアノ科・種岡さんから見た音楽体験レッスンの実態…
  5. 【弦科合奏練習会】初合わせで発覚したこととは・・・!?(2月26…
  6. 【銘器ピアノを弾く&聴く会】タカギクラヴィアにて高純度…
  7. ファミリーアンサンブルコンサート2016が大盛況の理由とは?
  8. ヴァイオリン科生徒・岡本さんの主催コンサートが大好評に!そして伝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP