教室35周年コンサートを終えて…【代官山ヒルサイドテラス】

今年で35周年を迎えた石川雅子ミュージックアカデミー。

その節目ともなる35周年コンサートを、このたび代官山ヒルサイドテラス(ヒルサイドバンケット)にて開催しました!

当日は、シュベスター グランドピアノを囲み、教室を支え応援してくださった多くの方々にご観覧いただきました。雅子先生も、昔馴染みの方々がお見えになり普段以上にハイテンションな感じ!

では、そんな雅子先生からの以下挨拶となります。

代表あいさつ

本日は、石川雅子ミュージックアカデミーの講師&スタッフと共に代官山ヒルサイドテラスへ皆様をお迎えできて、幸せと感謝の気持ちでいっぱいです。

これまでの私とアカデミーの歩みを支え応援してくださった方々に、お礼を申し上げます。時代が令和へ移り変わると共にアカデミーも35周年という大きな節目、そして、40周年・50周年への新たな船出を迎えます。

今後とも皆様のご支援のもと、教室のスタッフ共々歩んでまいります。どうぞ宜しくお願いいたします。

石川雅子

コンサートの様子

開演前ですでに満席状態となり、スタッフや講師の先生方が迎えてくれました。

今回の35周年コンサートは、声楽科・工藤智巳先生とフルート科・遠山美緒先生による司会進行。
また、演奏や進行内容に関しては全て講師中心でプログラム

今までの大きなイヴェントは雅子先生中心で進行されましたが、今回は講師の先生方にお任せするスタイル

う〜ん…、まさに雅子先生と講師陣との磐石な信頼関係が物語っていますね!

それでは、演奏の様子と曲目を見ていきましょう。

1曲目:スペイン舞曲集/M.モシュコフスキ
ピアノ科・関桃佳先生と古家亜未先生による連弾から和やかにスタート。

2曲目:愛の夢 第3番/F.リスト
雅子先生がよく弾かれる曲の一つ。馴染み深い演奏が心に沁みます。

3曲目:チャルダッシュ/V.モンティ
ヴァイオリン科・坊野先生の十八番とも言える曲。厳かな入りから、終盤は軽やかなテンポでフィニッシュ!

4曲目:ウィーン、わが夢の街/R.ジーツィンスキー
工藤先生の歌声と遠山先生のフルートに包まれ、雅子先生は第二の故郷・ウィーンに思いを馳せている様子…

5曲目:愛の挨拶/E.エルガー
小林奏太先生の重厚さを優しさで染めたチェロの音色…溶け込まずにはいられなかった…

6曲目:ワルツ「眠れる森の美女」より/P.I.チャイコフスキ
あの名作で流れるテーマ曲をトリオver.でアレンジ。

7曲目:アメリカ小二重奏曲/A.ドップラー
カントリー調な愉快な曲でプログラムのラストを迎えました。

アンコール:坂の上の雲 主題歌『Stand Alone』/久石譲

プログラム終了後、講師の先生からお祝いと、日頃の感謝の気持ちを受け取る雅子先生。

さすが…スパークリングに喜びを隠せない様子(笑)

そして、コンサートが大盛況のうちに幕を閉じ、そのままドリンクを片手に懇親会へと移っていきます。

懇親会の様子

懇親会では、雅子先生とは旧来の仲である横山さんが司会担当!

乾杯の挨拶をされた調律師の井上さんをはじめ、縁深い方々が前に出てご挨拶。改めて雅子先生の交流の広さに驚きました。

見ようによっては異業種交流会のような雰囲気…(笑)

元ヴァイオリン講師のヤン先生や木村先生もお越しくださいました!

マイクを持った雅子先生の話は尽きませんね…(笑)

なめらかなトークで懇親会を締めくくってくださった小林先生。

地元西葛西の産婦人科・三枝先生からは立派な胡蝶蘭のお祝いをいただきました。

ワインを片手に和気藹々と歓談を楽しまれ、みなさん大変満足なご様子でした。

さいごに

代官山ヒルサイドテラスでの初コンサートでしたが、講師の先生同士の連携が素晴らしくスムーズに終演!

さすが、個々でコンサートやライブを重ねてきているだけあって、見ている側として非常に安心感がありました。

石川雅子ミュージックアカデミーでは、講師主催教室内コンサート外部コンサート・ライブを行っています。

もし、教室のことを知らない場合、「どんな演奏をする先生なんだろう」と興味がありましたら、ぜひ一度見に来てください☆

ブログお知らせページでも、コンサートやライブ情報は随時告知させていただきますね(^^

PAGE TOP